粋・生き20 羽立工業株式会社 元気創造計画を提案・いきいき健康ライフのコミュニティサイト

トップページ › 健康ライフ製品 › 脳げんき。 › 脳の研究について

脳の研究について

近年、認知症を取り巻く社会的な問題は深刻度を増す状況にあり、厚生労働省白書(平成17年度版)によれば、2002年に約150万人だった認知症高齢者は、2015年には250万人、2025年には323万人にのぼると推計されています。
将来、認知症による疾患リスクが深刻化することが予測される社会に対して、認知症の早期発見・予防の仕組み及び体制の確立と普及をめざしメーカーとして研究に取り組んでおります。
今までは、既に開発し商品化した認知症予防ツール「脳げんき。」シリーズを、福祉施設や高齢者施設で普及することを進めてきました。レクリエーション現場での試行とヒアリング調査を行い、施設担当者や利用者から好評を得ることが出来ました。
現在は、次のステップとして脳研究関連学会での発表や展示をして、臨床医など専門家からの意見やアドバイスを頂き、試行をする協力先を探しています。
その後、医療関係のリハビリ現場にて試行を行い、臨床データの収集を進め、同時に脳の測定も行いエビデンスとしてまとめていく予定です。

取り組み

脳の計測による脳活動効果の研究
共同研究先:光産業創成大学院大学 准教授 江田英雄
ハタチは、光産業創成大学院大学と共同研究を行い、認知力を低下させないための刺激要素を取り入れたゲームやそれらを組み合わせたカリキュラムと簡単に出来る認知力の評価方法を含めた一連のシステム実用化開発を進めます。

学会参加

第27回日本認知症学会学術集会

開催日 2008年10月10日~12日 
開催地 群馬 
展示 脳げんき。(シリーズ全7種類) 

2008年度産学連携事業化支援事業 採択

開催日 2008年09月19日 
テーマ 認知力を維持・向上させるための製品及びシステムの実用化開発 

BIOMAG 2008(第16回生体磁気国際会議)

開催日 2008年08月25日~29日 
開催地 札幌 
発表

Development of the Recreation Tool for Dementia Prevention


《HATACHI Industry》
Toshiko Naitou, Naoto Andou, Tetsuya Nakamura
《Graduate School for Industrial Creation by Photonics》
Hideo Eda

 
展示 脳げんき。(シリーズ全7種類) 

第7回釧路ニューロサイエンスワークショップ

開催日 2008年07月18日~19日 
開催地 釧路 
発表

 認知症予防を目的としたレクリエーションツール「脳げんき。」

《羽立工業株式会社》
内藤寿子、原田利枝、安藤直人、中村哲也
 

第9回日本言語聴覚学会

開催日 2008年06月21日~22日 
開催地 栃木 
展示 脳げんき。(シリーズ全7種類) 

第10回日本ヒト脳機能マッピング学会大会

開催日 2008年06月06日~07日 
開催地 山形 
発表

リハビリにおける脳活動研究のためのツール開発


《羽立工業株式会社》
内藤寿子、安藤直人、中村哲也
《光産業創成大学院大学》
江田英雄

 
展示 脳げんき。(シリーズ全7種類) 

第 9 回日本ヒト脳機能マッピング学会大会

開催日 2007年03月16日~17日 
開催地 秋田 
展示 脳げんき。(シリーズ全7種類) 

学会では、臨床医など専門家からの意見やアドバイスを頂きました。 学会参加を機会に、リハビリセンターなどの医療現場にて「脳げんき。」シリーズを試行して頂いております。


  • 楽天 ハタチショッピングサイト
  • 採用情報 アイディア人発想人募集
  • 羽立化工株式会社