会社案内

沿革

1950 昭和25年

初代社長、中村豊が「中村羽毛研究所」としてバドミントンのシャトルコックの研究を開始。シャトルコックを鳥の羽根で製造する方法を試行錯誤しながら、当時としては新素材にあたるプラスチックを使って一体成形することを考えついた。

初代社長 中村豊
時代背景
社長テキスト
戦後復興の中で、生活で精一杯。趣味やレジャーの余裕なく、バドミントンはまだ知られていなかった。

東京農大での卒業論文で「鳥の羽根の利用方法」について研究していたところイギリス発祥のバドミントンというスポーツがあることを知った。

1951 昭和26年

シャトルコックの特許4件、実用新案23件申請、取得。 優秀発明通産大臣賞を受賞する。

時代背景
日米安全保障条約。

軽いシャトルコックを鳥の羽根と同じように、いかにゆっくり、まっすぐに飛ばせるか、形状、構造や素材を研究。

1952 昭和27年

プラスチックのシャトルコック「PLマン」を量産開始。

シャトルコック「PLマン」

PLマンの「PL」とはParadice Lost:の略。Paradice Lostとは失楽園という意味で希望を失った人という意味。 失敗の連続でどん底にあった時に完成したシャトルコックであったということで命名された。

1956 昭和31年

社名を「羽立工業株式会社」と変更。本社家屋建設。

シャトルコック「PLマン」

木製の羽子板と羽根も開発したが販売は不振で山のような在庫は薪になった。

英国カールトン社とプラスチックシャトルコックの特許裁判始まる。
特許の重要性を認識し、その後シャトルコック及バドミントンラケットに関する多数の特許申請/取得。

プラスチックシャトルコックの特許裁判に関する記事
社長テキスト
イギリスの類似特許と特許裁判に発展。東京裁判の日本側弁護団長であった清瀬一郎さんに弁護を依頼、日本のスポーツメーカー大手の美津濃様(現:ミズノ株式会社)を始め大手スポーツ卸の全面協力の元、先の戦争を彷彿させる日英の戦いとなった。

プラスチックのシャトルコック(特許)の全国生産量の95%を生産。(年間1000万ヶ)

時代背景
手軽に楽しめる庶民のレジャーとしてバドミントンが普及し始めた。
プラスチックのシャトルコック(特許)

日本対英国の裁判になった御陰でスポーツ業界では当社は有名になり、バドミントンというスポーツが知られる事になると同時にシャトルコックが売れる大きなきっかけとなる。

木製バドミントンラケットの生産開始。バドミントンラケットに関する特許多数取得。

木製バドミントンラケットの生産

1961 昭和36年

英国カールトン社との特許裁判和解、カールトン社と技術提携する。(和解は結果としては勝利と同じであった)

時代背景
高度成長。(1960年から10年間)
スポーツ問屋のお客様を見送る社員

スポーツ問屋のお客様を会社前の汽船場から社員全員でお見送り。

1964 昭和39年

バドミントンラケットやシャトルコックの米国、カナダ、オーストラリア、欧州への輸出始まる。

時代背景
東京オリンピック開催。
バドミントンラケット・シャトルコック

高度成長全盛期へ。東京オリンピック開催。

1965 昭和40年

木製バドミントンラケットの新工場建設。台湾にバドミントンラケット専用工場を設立。

木製バドミントンラケットの新工場

1966 昭和41年

ブロー成形工場建設。(現在のブロー工場)
デンマークから2色ブロー成形機(特許)を導入し、出光石油化学の材料を使って「ユニボール」の生産販売開始。

木製バドミントンラケットの新工場
社長テキスト
楽しく遊ぶ子供のために。安く気軽に遊べるレジャー用品の開発に特化。2色ボールを商品化したが・・・ 数年後に、空気がぬけてしまうという問題で大返品となり、販売を中止することになってしまった。

1967 昭和42年

射出成形工場建設。ラケット工場増築。

1970 昭和45年

回転成形機導入。ドッジボール等を生産。

時代背景
大阪万博。
ドッジボール等を生産

1973 昭和48年

シャトルコック関連特許切れ。台湾から安いシャトルが入ってきて売上が減少。射出成形機、ブロー成形機を自動車部品の製造に振り替える。
バドミントンラケットが木製から金属フレーム製に替わり、木製ラケットが販売不振に。

時代背景
オイルショック。

木工工場が開店休業になった。バドミントンラケットは、アルミ製からその後FRPへと素材革命が起こり、その後はヨネックス社の独壇場に。

1977 昭和52年

二重壁ブロー成形特許の専用実施権を取得。ダブルブローケースがヤマハのピアニカに採用され大ヒットとなる。

スポーツ用品の販売不振により、新事業を模索。出光石油化学から寺岡氏を紹介されダブルブロー技術を導入することになった。

1979 昭和54年

ダブルブロー成形工場として「羽立化工株式会社」を分離独立設立、新工場建設。

「羽立化工株式会社」を分離独立設立

1981 昭和56年

羽立化工第2工場竣工。120mm大型ブロー成形機を導入し、矢崎の「湯ワイター」の250Lタンクを成形。

スポーツ用品から工業製品事業への転換を図るべく、少し無理をしていたので、過剰投資気味で資金繰りは厳しい状況であった。

1982 昭和57年

羽立工業で大型真空成形機導入。大型ハウジング部品製造。

羽立工業、ゲートボール市場に参入。ボール、スティック等で特許を取得。ラケット工場をゲートボール工場に変更、塗装ラインを設置。

社長テキスト
この頃から、スポーツ用品はブランド力が必須の時代になり、安物路線できた当社は太刀打ちできず、高齢者スポーツであるゲートボールならブランドよりも価格や品質で勝負できると考え、参入した。

1984 昭和59年

羽立化工でダブルブロー成形による日本初の自動車のブローバンパー量産化。

時代背景
プラザ合意(1985年9月)
急激な円高へ。

日本初のブローバンパーは三菱油化の協力の元、専用のブロー材料を開発することで成功した。

1987 昭和62年

ヤマハの木製テニスラケット生産。

テニスラケットはアルミと木製の時代であり、ヤマハの本木の薄皮を表面に貼る技術でテニスラケットを量産するも、一時的でその後製造は台湾に移管、素材もカーボンに替わる。

1989 平成元年

羽立工業、「安全竹刀」でグッドデザイン商品選定、竹刀の先革、割竹の製造方法で特許取得 竹刀の製造販売に乗り出すも、壊れない竹刀では武道業者の売上が落ちると言われ、販路開拓に困難を極め数年後に撤退。

羽立化工、羽立工業の代表取締役社長に中野幸男が就任。

時代背景
バブル崩壊(平成2年)、「ベルリンの壁」崩壊、ソ連解体、冷戦崩壊。
グッドデザイン商品選定証
社長テキスト
資金繰りがショートする経営危機から脱却し明るい兆しが見えてきた。

1992 平成4年

羽立化工第2工場増築、大型ブロー成形機導入。

1993 平成5年

中村豊会長 知事褒賞・研究開発功労者を受賞。

「シャワーヘルパー(介護用シャワー装置)」を開発、介護浴槽分野に進出。

1994 平成6年

羽立化工、スーパーブロー成形技術の実施権取得。

1995 平成7年

120mm大型スーパーブロー成形専用成形機導入。

時代背景
阪神淡路大震災、オウム真理教事件。

1996 平成8年

ユニットバス天井にスーパーブロー成形が採用。

タイに現地法人「THAI HATACHI CO.,LTD.」を設立。翌年からのアジア通貨危機で2000年まで休眠状態。2001年から業務を再スタート。自動車関連部品(エアダクト、タンク、熱硬化性樹脂成形プーリーカム)を成形。

現地法人「THAI HATACHI CO.,LTD.」
社長テキスト
1995年に青年会議所のボランティア活動でタイを訪問。タイの素晴らしさを知ると共に、今後の経済成長を予感し、現地法人設立を決意。

1997 平成9年

羽立工業第3工場竣工。

羽立工業のスポーツ事業部がグラウンド・ゴルフ、パークゴルフ市場に参入。

時代背景
アジア通貨危機。
グラウンド・ゴルフ、パークゴルフ カタログ

ゲートボール人気に陰りがでてきた一方で、愛好者が増加しつつあったグラウンド・ゴルフ市場に参入すべく、当時アシックス社が普及の為につくったグラウンド・ゴルフ協会へ新規のメーカー参入を促し認可された。

2001 平成13年

羽立化工、羽立工業の代表取締役社長に中村哲也が就任。

2003 平成15年

羽立化工、135mm超大型ブロー成形機導入。ISO9001取得。

2004 平成16年

羽立化工 金型倉庫竣工。

羽立工業、福祉市場参入。

福祉施設向けレクリエーション

福祉施設向けレクリエーションとして認知症予防ゲーム、レクリエーションキットを提案。ダイレクトメールを施設向けに配布。

2005 平成17年

羽立化工、経営革新計画を静岡県から承認。

羽立工業、「自立体力トレーニング」 静岡大学との共同研究開始。

2006 平成18年

スポイラーのサンディング工程の自動化に成功。

2007 平成19年

ブロー成形のバリ仕上のレーザー加工による自動化に成功。

羽立工業、大型射出成形機工場竣工。

羽立工業、健康市場参入。

若い年代層に向けた健康ソリューション商品の開発。

2008 平成20年

羽立工業、1300t 2色射出成形機導入。

認知症予防ツール「脳げんき。」の研究で脳関連学会へ参加。
静岡大学と共同で高齢者の体力測定「自立体力テスト」を開発。

高齢者の体力測定「自立体力テスト」

羽立工業、ウォーキング市場参入。

時代背景
サブプライム問題から始まる。金融危機で世界同時不況。

ノルディック・ウォークを柱に、よりよいウォーキングを。普及団体、流通、消費者にウォーキングライフスタイルを提案。

2009 平成21年

関東経済産業局から新連携計画「ガスバリア性の高い燃料タンクの開発と事業化」が認定される。

羽立工業、「自立体力テスト」発表。

日常生活動作の視点で体力を測定。

羽立工業、130t 2色射出成形機2台を導入し、ホビー関連部品の生産を開始する。

130t 2色射出成形機

2010 平成22年

羽立化工、多層ブロー成形機導入。

「超薄膜導電性材料(CFRP等)を層間ラミネートする多層ブロー成形技術の開発」サポインに採択。

2011 平成23年

羽立G工場竣工。

羽立G工場

羽立工業、「自立体力全国検定」サービス開始。

自立体力検定結果

知らない間に進んでしまう「体力の衰え」を、客観的かつ定期的に測定し、生活アンケートとともに総合分析するシステム。

羽立工業、ノルディック・ウォーク用の取り替えポールキャップ「フィット型」発売。

ノルディック・ウォーク用の取り替えポールキャップ「フィット型」

ノルディック・ウォーク用ポールに取り付ける先ゴム。トレーニングやリハビリ等、様々なシーンに対応できる新しいポールキャップ。

バドミントン事業から撤退。

社長テキスト
社名の由来でもあり、また、会社設立のきっかけとなったバドミントン事業から撤退することは苦渋の選択であったが、赤字事業の継続も困難であり、過去にこだわっていても未来はないと考え、撤退を決意。
時代背景
東日本大震災発生。

全国的にイベント取りやめ・買い控えの風潮。

時代背景
タイ洪水。
ノルディック・ウォーク用の取り替えポールキャップ「フィット型」

7月から始まり3ヶ月以上続いたタイの洪水により、THAI HATACHIの設備は全て水没し多大な損失を被る。また、今後の事業にも大きな影響を与える事になる。

2012 平成24年

インドNTF社と技術支援契約締結。

羽立化工、国内立地推進事業採択。

HATACHI(THAILAND) CO.,LTD. 設立。

羽立工業、ISO9001を取得。

社長テキスト
洪水の復興過程で、スピード感の違いが原因となり、タイ人パートナーと衝突。別会社を設立し単独で工場運営をすることとなった。15年以上お世話になったタイ人パートナーには感謝している。ビジネスとしてなら日本人の考え方は正しいが、人としてならタイ人の考え方の方が自然だ。

2013 平成25年

羽立工業、ノルディック・ウォーク用の取り替えポールキャップ 「ライフラインブーツ型」発売。

ノルディック・ウォーク用の取り替えポールキャップ 「ライフラインブーツ型」

ノルディック・ウォークポール用 取り替えポールキャップのアグレッシブタイプ。交換時期が一目で分かるツートンカラー。

羽立化工、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づく特定研究開発等計画の事業者として認定された。

G工場、大型スーパーブロー成形機導入。

羽立化工、羽立工業共にものづくり補助事業採択。

羽立工業、ロコモティブシンドローム対策商品「ロコレッチ」の開発・発売。

ロコレッチ

「関節を動かす」「維持力トレーニング」に特化した商品とトレーニング法を提案。

社長テキスト
健康ソリューション事業は今後の自社製品事業成長のエンジンと考えている。

2015 平成27年

羽立工業、第四回「健康寿命を伸ばそう!アワード」受賞

第四回「健康寿命を伸ばそう!アワード」受賞

厚生労働省の国民運動、「スマート・ライフ・プロジェクト」より、介護予防・高齢者生活支援分野にて優良賞受賞

2016 平成28年

羽立工業、健康増進サービス「ウェルスマイル・プロモーション」開始。

2017 平成29年

ライフスタイル&自己実現提案の、新しいフィットネスデザイン「リラクシングワーク」開発・発売

羽立工業射出成形部門を羽立化工へ事業譲渡。

2018 平成30年

国際協力機構(JICA)「中小企業海外展開支援事業」に採択。
タイ国での自立体力プログラムを実施。