プロジェクトノート

  • ウォーキング事業

ノルディック・ウォーク歴6年の私が楽しみ方を伝授します

f8f896018c3e3470899d0a551f4f4a21401f3d8a.png

皆さんはノルディック・ウォークの魅力をご存知でしょうか?
全身運動になる、膝・腰への負担が軽減される、といった魅力は以前の記事でもご紹介いたしました。

しかし、これは身体への効果の部分。
どんなに良いものでも、何事も楽しくなくては続けられません。

「歩くだけ? なんて退屈! もっとエキサイティングな運動がしたいんだよ!!」

そんな風に思っている方もいるかもしれません。


しかし!実際にやってみるとノルディック・ウォークって結構楽しいんです。

ノルディック・ウォークってやってみるとどこが良いのか?どんなふうに楽しめるのか?
今回はそんな魅力や、私なりの楽しみ方を皆さんにご紹介いたします!

自分のペースで運動できる

801d141ed77afb46e45628e04d6c2ba4fcd778a3.jpg

何が良いって、まずはコレですよね。

歩く、っていう運動は、手軽に誰でも行うことができまし、自分のライフスタイルに合わせて行いやすいです。
誰かと予定を合わせる必要もないですし、予約や準備も必要ない。

気にするのは天気だけ。良い天気だなぁーって思ったら、ぷらっと歩きに出ればいいのです。
気分屋な自分にもちょうどいい。

なんとなくやる気が出なければ明日歩けばいいですし、自分の都合で誰にも迷惑をかけません。
マイペースに続けていくことができる、というのは一つの魅力です。

サボろうとすればいくらでもサボれてしまうという、自己管理能力が求められる点がつらいところ。
そこは、「運動するために歩かなければ」という使命感から「歩くって楽しい!だから歩こう!」というポジティブ変換が重要です。

何事も楽しんで行うことが長続きのコツ。

小さな発見を楽しむ

e74b8242be0e8ee11d4a70054cece3be88b33e97.jpg

ノルディック・ウォークでは、身体への負担を軽減してくれるおかげか、なんとなく気持ちに余裕が生まれます。
始めたばかりは手と足が一緒になっていないかが気がかりで、そんな余裕もありませんでしたけれどね。

慣れてきた今は自然と手足が進むので、歩いていても周りを見渡す余裕があります。
そうすると、不思議と普段はなかなか気づかない、小さな発見があるんです。

道端にタンポポが咲いているのを見つけて春の訪れを感じたり、近くのお店の入れ替わりに気づいたり。
いつもの見慣れた風景も、小さな発見がたくさん隠れていて、新鮮味に溢れていることに気付かされます。
そんなちょっとした発見を楽しむことで、歩くことの楽しさが3割増します。

季節感や時代の流れをリアルタイムで感じているって、何かいい感じがしませんか?

新しい発見も、ポールを持って歩いていなければ気付かなかったかもしれません。
そう考えると3割くらいは得した感じがします。世間話のネタにでもしておきましょう。

普段は行かないところを冒険してみる

18c391a13145ae82c32ed536f27156c1141a76dc.jpg

ポールを持ってスイスイ歩いていると、足取りがとても軽くなってきます。
足取りが軽い、どこでもスイスイ歩いていけそうだ!そんな無敵感が生まれてきます

普段は嫌気がさす坂道も、行く手を阻む階段も。今の私には平地同然。
持て余した余裕を発散すべく、ちょっとした小道や普段は登らない階段など、未開拓ルートを求め始めます。

この道はどこに繋がっているんだろう?
こっちの道を行ったら、あの道に出られるかな?
そんなふうに、ちょっとした冒険気分で未開拓ルートに挑戦してみるのも面白いです。

ワクワクする感じがたまりませんし、新しいルートの発見や隠れスポットの発見に繋がるかもしれません。

誰かと一緒に楽しさをシェアする

b5b2fc02deed88da85a10fff0530fa94d91c505a.jpg

一人で歩くのは楽しいです。
ですが、その楽しみをシェアできる仲間がいればもっと楽しい!!

ポールを持って歩いていると、いろんな景色が目に入ってくるので、自然と会話も弾みます。

色々なことを話して、たくさん笑えば、日ごろの鬱憤やストレスもスッキリ。
笑うということと誰かと話すということは、ストレスへの最高の処方箋ですね。

全国各地で開催されているウォーキングイベントや体験会に参加すれば、新しい出会いやコミュニケーションの幅も広がります。

全身への心地よい疲労感の余韻に浸る

ポールを持って歩くうえで、普通のウォーキングと一線を画す存在。
それは歩くだけなのに全身運動になるということ。

ポールを持って歩くだけで上半身も活用できるなんて嘘みたいですよね。
でもこれが効くんですよ!
二の腕や肩甲骨周りにじわぁ~ッとした疲労感が残ります。

運動をした後の程よい疲労感は心地よいものです。
仕事で残業続きの時との疲労感とは比べ物になりません。

頑張って運動したな!という達成感や、全身を使ったという満足感
これらが入り混じって、この疲労感は心地よく感じます

私がただMなだけだったらすみません。

罪悪感なく「ご褒ール」を満喫する

62deb5be19f5701da6de2bf688ad74ca07e1f518.jpg

いくら楽しんでいるといっても、頑張っていることには変わりありません。
しっかり運動しているのです。いくら普段はダラケ放題の私でも、この瞬間だけは褒めてあげなければなりません。

ですので、そんな頑張り屋の私に私から、ご褒美(ビール)を贈呈することを決めています。

ポールを持って歩くと、運動効果が20%アップするようなので、ちょっとくらい贅沢しても良いじゃないですか。
つまりは、いつもより20%食べまくってもプラマイゼロになる錬金術なわけです。(※なりません)

ビールの一杯くらい大目に見ましょう。頑張ったんだから。

ノルディック・ウォークは結構楽しい!

72b6a0a37219829184ea6819f2661a61947a40ce.jpg

いかがだったでしょうか?結構楽しいですよ、歩くっていうのも。

・マイペースに続けられる
・歩くたびに新しい発見がある
・運動不足解消になる
・いつもより沢山ビールが飲める

こう考えるとノルディック・ウォークって良い事いっぱいですよね。
ポールを持って歩くだけなのに、全身運動になったり、運動効果がアップしたり、視野が広がったり。
こんなに変わるなんて面白いなぁって思います。

何事もまずはチャレンジ!気になったことは、やってみないともったいない!
ポールを買わなくても、体験会やイベントに参加すればレンタルで借りることもできます。

機会があればぜひやってみてください!